レバレッジとは

FXのメリットでもある、「レバレッジ」。
少ない資金でも大きな取引ができるということです。
1倍?最大400倍(取引業者により異なります)まで選択できます。
例えば、10万円の資金で、10倍のレバレッジを選択すると100万円分の取引ができます。

なぜこのようなシステムがあるか。
普通は、為替変動は小さいため、小額では儲けも小さくなるからです。
ただリスクも大きくなるため、最初は小さい倍率からかける。
慣れてきたら大きな倍率にして儲けを得るとよいでしょう。

レバレッジでは、最初に証拠金を入金します。
例えば、証拠金が10万円だとします。
レバレッジが10倍ならば、1ドル100円のとき100万円分。
100倍ならば、1000万円分の取引ができることになります。
100万円分とは米ドルでは1万ドル。
取引業者が大抵、1万通貨単位としている設定しているものです。
1万通貨単位の取引で、為替相場が1円変動したら1万円の利益あるいは損益が発生するのです。

また損失が発生したとき、どれくらいになったら取引をやめるか。
引き際を事前にきちんと考えておくことも大切です。
損失のまま取引を続けたらギャンブル性が高くなってしまうからです。

例えば10万円分の証拠金にレバレッジを10倍設定して100万円分の取引をしたとします。
為替変動で80万円まで下落してしまったとします。
100万円?80万円=20万円。
20万円分の損益がでてしまいました。
しかし元金の証拠金は10万円分しかありません。
残りの10万円を支払うことになってしまいます。
レバレッジをかけるということは、常にリスクもある。
そういうことを頭において、取引を行わなければなりません。

レバレッジは、取引業者により異なります。
またどの通貨を選択するかにもより異なります。
取引業者を決める際、レバレッジは何倍か。
自分で自由に設定できる取引業者もあります。
確認してから取引業者を決めるとよいでしょう。